BLOG

【AsBLOG-SHIMON】ドント・ブリーズ

今回は個人的に去年観た映画でNo.1『ドント・ブリーズ』を紹介したいと思う

個人的にはあの衝撃作品『SAW』ぶりにパンチの有る作品だったので何とも言い難い感動を得ました
(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

内容は簡単に言うと

金銭目的で強盗に入った3人組が家主のおじさんにめったんめったんにブチのめされるみたいなそんな話である

コレだけ聞くと『え?それおもしろいの?』っと言いたくなると思いますが

家主のおじさんが盲目というハンディキャップがあるにも関わらず

ありとあらゆる手段を使い、侵入者の逃げ道を阻止し、絶望を与えていくというストーリーが凄まじい

あまりの狡猾さ、そしてキャラクター性からファンの間から家主のおじさんはこう呼ばれる・・・

その名も

「最強おやじ」

(そのままんじゃんと思った人笑いのセンスがありません)

 

 

 

今回はその最強おやじ vs Asのメンバーを想定して戦ってみたいと思います

 

 

役割分担的にはそですね

 

 

SHIMON:首謀者
Ryo-P:下調べ役 その1
you:下調べ役 その2
hikaru:工作員 その1
Kotaro:工作員 その2

 

っと設定させてもらいます

 

首謀者:立案はするけどあんま良くわかっていない。武器なし
下調べ役:そのまんま下調べする人。武器はナイフ
工作員:道具を使って家を調べる人。武器は銃を所持してます。

 

 

 

では早速スタート

 

 

 

ネタバレになるかもしれませんが前半はハショッて最強おじさんに見つかるとこからスタートします

 

 

まずはAsで恐らくNo1ビビリのyouが見つかったことにビックリし、大声をあげてしまって見つかって殺されます
開始3分の出来事です。残念です

 

そして次はRyo-Pです
youが殺されたことに驚いたRyo-Pは逃げます
それはもう全力です
おっちょこちょいなところがあるので多分何かにつまづきテーブルの角に頭をぶつけて死んでしまいます
本編に関わることなく死んでしまいます。残念です。

 

 

そしてここからが本番です
先程の2人は序章に過ぎません。
料理のコースで言えば前菜に過ぎません

 

親友のyouそしてRyo-Pを亡くした3人は悲しみに明け暮れる間もなく脱出を試みます

まずは機転を利かせたhikaruが侵入した痕跡を消すために移動します

僕はちなみにその場で待機です

Kotaroは最強おじさんを倒すべく後追います

hikaruは証拠隠滅を成功させますが
油断したkotaroは最強おじさんに捕まり、こう問われます
「他に仲間はいるか?」
最初はいないの一点張りだったKotaroもちょっと拷問されると白状します

 

 

「僕以外に2人います!ちなみにすぐそこに隠れてます!僕は連れてこられただけです!関係ありません!何も言わないので見逃して下さい!」

 

っと・・・
もちろんそんな裏切り者にはもちろん容赦はしません
奪われた銃でドカンと撃ち殺されてしまいます
ここでポイントなのはKotaroが先輩を敵に売ったという事実です
皆さん仲間は大切にしましょう

 

 

 

さぁ残りは2人しかいません
どうしましょう・・・

hikaruが頑張って証拠を隠滅しましたがKotaroがバラしてしまいました
逃げ道はありません
そして希望もありません
(実際の映画はこのくらい絶望した状況になっています)

 

 

 

ここからがチームワークの見せ所です

hikaruとも早9年目の付き合いになります
僕達の友情が最強親父に負けるわけがありません

 

 

この血にまみれた惨劇を終わらせることができるのか!!?

 

そしてAsは最強おやじに打ち勝つことができるのか!!?

(殆ど死んでしまったけど)

 

 

 

 

 

答えは次週!!?(多分面倒くさいんで書きません)

 

 

※「ドント・ブリーズ」は恐らく新作だけど1週間借りれるので気になったら借りてみて下さい(ちなみに僕は購入しました)

【AsBLOG-hikaru】617C2Sやるってよ!

【AsBLOG-RYO-P】デキるやつは何をやってもできるし、デキないやつは何やってもダメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP