BLOG

【AsBLOG-RYO-P】曲の作られていく流れ(スーパーザックリVer)

どうもRYO-Pです。

 

本日はうちらのバンドでの

「曲ができていく流れ」
でも簡単に書きたいと思います。
参考になれば幸いです。

 

あらかじめいっておくけど
曲作ったこと無い人向けですwww
 
知ってる人は当たり前の事しか書いていないのでwww
 
ほいじゃ、基本的に流れはこんな感じ
 

①はじめに

ボーカルのSHIMONが「こんな曲つくりたい」と要望を受ける。

 

参考曲をいくつか出してもらったり、イメージをきく。

②ワンコーラス作成

イメージと参考曲をきいてワンコーラス分のメロディーとラフにオケを作っていく。

 

ラフっていうのはギターとベースとドラムとシンセが簡単にはいっている状態の事。

 

ワンコーラスっていうのは基本的に「イントロ」から「1サビ」までの事を指すよ。

 

曲の長さは1:30くらいになるかな。

 

ちょうどアニメのオープニングくらい!

 

大体ここまで3〜6時間くらいは掛かるよ。

 

③判決の儀式

ザックリワンコーラス分ができたら
 
「これ、本当にAsでやる?」
 
バンドの方向性とかカラーに合わなかったり
 
実際イメージしてたのと違ったりすると
 
いわゆる「捨て曲」となり
 
永遠にパソコンの中にゴミファイルとして残る運命となるのですw
 
そして①に戻る

④仮歌レコーディング

ワンコーラスできても

 
「実際に歌、声が入ってみないとわかんないよ!!イメージつかないよ!!えーん」
 

となった場合は仮歌という簡易的なレコーディングをするよ。

 

正直この時はリズムとか音程とかズレててもあまり気にしないよw

 

あくまでイメージなので、サクっとレコーディングしちゃいます。

 

歌詞はこの時きまっていなくても適当な言葉を当てはめて歌うときもあるよ。

 

繰り返しますが、あくまで曲に歌が入るとどうなるかというイメージを掴むためなので。

 

仮歌をレコーディングして、イメージと違ってたら①
 
あるいは少し変更すれば良くなるかなー?
って時は③に戻るよ

⑤構成確定&編曲

イントロから1サビのワンコーラスが確定したら曲全体の構成を考えていくよ。

 

1サビのあとすぐにAメロに戻るとか、あるいは新しくCメロを作るとか。

 

俺の場合は曲の構成を考えてる時点で編曲も一緒にやっちゃうよ。

 

構成作ってやっぱり違うなーって時はこれもボツになって闇に葬られる事も多々ありますwその場合はまた①に戻る。

⑥ボーカルレコーディング

晴れて曲の構成ができて編曲が終わると
ちゃんとした歌詞とメロディーで録音していくよ。

 
でもこのレコーディングのデータって音源用というよりは
これを聞いて練習するためのデモ用てパターンが多いよ。

⑦完成!!

晴れて曲が一曲完成しました!いぇい!
あとは煮るなり焼くなりなんでもしやがれこの野郎!!

こうしてAsの曲達は出荷されて行きますw

いかがですか?

 

ほんとはもっと途中で「やっぱりここを直したりー、ギターのパターン変えたり〜」
みたいな変更はあるんですが
 
ザックリとこんな流れです。
 
1曲が1日で完成する事もあれば
 
練りに練って何週間もかかる時があります
 
でもね、徐々に曲が完成していく過程
てホントに楽しいです

 

だから曲作るのってやめられないんだと思う

 

曲はこのへんで♪( ´θ`)ノ

【AsBLOG-SHIMON】曲紹介 その①

【AsBLOG-you】メンテナンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP